TOiROの革のものづくり

TOiRO トイロ は「十人十色に育つ革の道具」をコンセプトに、革バッグ、革小物のものづくりをしています。

手触りも良い感じ、イタリア革のシンプル メガネケース

f:id:toiro-leather:20160814211416j:plain


イタリアンレザーのシンプルなメガネケースを作りました。中には鼻部分にフィットする革あてがあり、型崩れも起こしにくくなっています。

曲線と立体的なフォルムを出すのにこだわりました。シンプルに、コンパクトにまとまってよかったです。^ ^

夏のお写んぽ、自然の造形美

f:id:toiro-leather:20160814004025j:plain


ひまわりって凄い。写真に切り取ると、一気に夏感があふれますよね。人がそう思ってるからなのか、実際ひまわりがそういう夏だよ的なパワーを秘めているのか。


そしてひまわりは、なにゆえこの形になろうとしたんだろ、花の1枚1枚目の造形や、真ん中の種、きちんと同じ向きに揃ってる愛らしさ。

本人(本花?)からしたら愛らしさとかそんな話ちゃうよって怒られそうですが。


f:id:toiro-leather:20160814005132j:plain


この子にしてもそう。空に向かって一度プリっと膨らんだのち、シュッとしていく各葉っぱ。この曲線になった理由や過程などは到底自分などが知る由もないわけですが、不思議やし、なんだか素敵でもあります。


良いプロダクトやデザイン、ものづくりっていうのは、自然に近いところにあるのかもとよく思います。


その美しい様を、きれいだな、ちょっと半端ないぞと、ありがたくインスピレーションもらつたり、再加工・再表現させてもらうところが、結局はすごく大事なのかもしれない。


こうしてカメラで向かい合わないとなかなか見えてこないこともあります。そんな気づきのある夏の午後のおしゃんぽでした。笑

夕方の気配

f:id:toiro-leather:20160813142741j:plain


日が沈む前の一瞬の、儚い感じ、切ない感じ、でも力強さもある雰囲気が昔から好きです。

この瞬間を(十分にとはいわないまでも)切り取れるようになったことは、カメラを始めて良かったと思うことの1つだなぁ。

柔らかイタリアンレザーのぷっくりコインケース

f:id:toiro-leather:20160813141418j:plain

シボ感の豊かな、最高級イタリアンレザーのコインケースが出来ました。

ポケットにすーっと入る丸みを帯びたフォルム、コイン20枚くらいが入る良い感じのサイズ設計です。

うん、なかなか良い佇まいだ。しばらく自分で使って味を出してみよう。

TOiRO トイロ の革のものづくり。

f:id:toiro-leather:20160813120716j:plain

TOiROは“十人十色に育つ革の道具”をコンセプトに、国内外の良質な素材を使い、一点一点、手間暇をかけたハンドメイドでものづくりをしています。

作りたいのは、道具そのものというより、持つ人を含めた佇まいであったり、空気感であったりします。

あなたのTOiROが、ふだん持っていることを意識しないぐらいに暮らしに馴染み、やがて日常の風景になり、あなただけの唯一の色に育っていきますように。

こちらのブログでは、革のものづくりを中心に、日々のことも記録していきます。

はてなブログを始めたばかりでまだまだ不慣れですが、どうぞお付き合いいただければ幸いです。宜しくお願いします。


TOiRO トイロ